2020年を振り返って・・・

今年を振り返るようなブログはたくさんあるし、僕の記事は多分読んでもありきたりな事しか書かないと思うので、好きなことをつらつらと記そうと思う。


読んでくれた人はありがとう!笑

今年はやっぱりテーマとして欠かせないトピックはコロナによる社会の激変だろう。正直、フリーランス1年目でこんなことが起こるとは思わなかった。


じゃあ、それで自分の人生や事業にどのような影響があったかというと、間違いなくいい方向に向かっていると感じている。


今までは仕事のマーケットが東京で作ることしか物理的に不可能だったけど、秋頃から大阪にも範囲を広げることができたし、来年の1月からは福岡にもマーケットを作っていくことができそうな状態になっている。


これはオンラインが一般に認知されたことに加えて、自分の仕事の生産性が3倍以上になったことも大きい。つまりコロナ前と後で仕事の生産性や自分の商圏が格段に広げていくことができたのだ。


僕は2月頃から、コロナが収束しない最悪の事態を想定してどうするかということ考えて5月くらいから仕組みを作ってきた。それが8月くらいから型になって、それを日々ブラッシュアップしている。


つまり準備と日々の積み重ねの結果だと思っているのだが、コロナがなかったら、過去の延

長を進むしかなかっただろう。そういう意味ではすごく変化が大きい1年になった。


最悪の事態を常に想定して準備しておくこと


特に準備というのはすごく重要。

どんな準備か?というとチャンスに対応できる準備と、急なリスクが浮上した時の最悪に備えた準備だ。


後者について一言でいうと、フリーランスで一番必要な準備は「貯金」だ。僕がなぜコロナでも焦らなかったか?長期的な判断ができたか?ということを一言でいうと、何もしなくて

も数年生きられるだけの貯金を会社員時代に作っていたことが大きい。


10代から独立するっていう時のために贅沢せずにコツコツ貯め続けたから。

もし急に仕事がなくなった、あるいは売り上げが落ちた、となった時に予備がなかったら即死していただろう。そういう意味では企業でも個人でも内部留保というのは一定は必要だということは改めて感じる。


来年は現在の4倍!


先日、来年の事業計画を練り直していて、目標としては今の4倍の事業規模を目指していこうと思っている。


今年は会社員を辞めてフリーランスとして注力したこともあり、規模を倍以上に伸ばすことができたが、まだまだ自分の中では目標の半分ということで残念な結果だと感じている。


だから、その計画にキャッチアップしていくには4倍まで伸ばすことが必要になるのだが、今年の1年間に回したPDCAを継続すれば全然狙えると信じているし、そこに向かっていく過程がたまらなく好きなのだ。


壁にぶつかって悔しい思いをする感覚、思い通りにいかなくて悔しさでいっぱいになる感覚。ここまでいくと超ドMでしかないのだが、高い目標を立ててそこに向かって突き進むのが僕の人生のコンセプトだ。


だから来年も誰もができることを誰もできないくらいまで徹底的にやっていくことで自分をいっそう成長していきたいと思う。


今年はブログを400日近く連続で更新することができた。

これも毎回読んでくれる方がいるからこそだと思っている。

また来年もこちらのブログは継続していこうと思っているので、引き続きよろしくお願いします!!!

0回の閲覧0件のコメント