20代の一番のリスクについて

最終更新: 4月19日

20代でリスクってあるの?そもそも何も失うものなんかないんだから、行動あるのみでしょ!


20代が一番元気で時間とお金があるし、結婚したら中々遊びができなくなるから、今のうちに遊ばないと損だ!と思う人もいる(コリドーらへんに)。


僕たちは年代ごとにそれぞれ考え方や視点というものを持っている。

それは良いとか悪いとかの話ではなくて、そういうものなので仕方がない。

ただ、もう30歳を手前に控えた身として感じることは、20代で「あるリスク」を冒すと、


正直人生で挽回することってメッチャ大変だなって思う。

というか逆転できる人ってほとんどいなくて、大体のケースだとそのまま下降していく気がする。


それなのでこの記事を読んで、「自分のことだ」って思う人はマインドセットを改めてほしいし、日々の習慣を変える努力をしてほしいと心から感じる。


時間についての価値が分かっていない


それは「時間を無駄にする」というリスク。 20代の多くの人は、時間が有限であることに「本当の意味で」気づくことができない。


そう思うのは「時間って大事だよね」って言っている人の時間配分を聞くと「土日は基本的に午前中はずっと寝て、平日も週3くらいで飲みにいって〜」みたいな時間の使い方をしていたりする。


また「まだ社会人1年目なんで〜」、「あと3年くらいは・・・」という口癖も特徴だ。

このように実際の言動にギャップがあり過ぎるからだ。

正直、思う。

いやいや、失敗しても守ってくれる状況ってそんなに長くないよ。 28歳って世間では若いと思うかもしれないけど、結婚して子供いてもおかしくない年齢だし、そう考えたら社会人の5年目くらいで方向性決まるよって。


逆に真剣に想像してほしいのが、20代で遊ぶことしかなかった平日夜と土日で埋めて、30代を迎えた時の自分。

40代で希望退職の対象になった時に、リストラを迫られて人材紹介を使って転職をしようとするけど年齢を理由に書類すら通らない自分。


脅すつもりはないし、そうならないようにベストを尽くせばいいのだが、ただそうなる可能性がある未来に目を背けては絶対にいけない。 だって15年後は必ず来るから。


こんなはずじゃなかった、っていう人生。将来に不安しかない人生。 これってマジで不幸だし、それで人生100年時代って言われても困る。


20代で人生の85%は決まる

っていうことをメグ・ジェイがTEDで言ってたよ笑





僕も、まさに20代の真っ只中なので、経験していないから、どういう心境になるかは分からないことも多い。


でも、社会人6年間の中で、時間を浪費する20代を送ってきた30代、40代をたくさん見てきて今回のような主張に至った。


かなり例外なく、そう。何か人生がひっくり返るような転機、危機がない限り。

逆に20代で仕込みをしていた方々は本当に輝いているし、メッチャかっこいい。こんなにも違うのか!?って思う。


僕もそういう違いを見させてもらって刺激を受け、できることならかっこいい方にいきたい!って思って、20代は誘惑には応じないことにした(僕の場合は極端なので、真似しないほうがいいです)。


今は意識しなくてもゴロゴロせずに、時間を無駄にしないような行動ができるようになりつつある。ちょっとでも時間があればブログを書いたり本を読んだり音源を聞いたり、、、


人生は1回しかないし、今という時間は戻ってこない中で、最高の瞬間の連続で日々を過ごしていきたいと心から思うし、そういう人生は素敵だなって感じながら、ブログをカタカタと作業している。

1回の閲覧

Copyright © 2020 TMM-Academy All Rights Reserved.

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

shuntat@reading-japan.com | Tel:080-3511-5226|東京都