4/11のオンラインで読書会で紹介された本

最終更新: 3日前

今週もオンライン読書会を開催しました!なんと参加者は20名を突破しました!毎回多くの新規参加者に加えて、リピート率がめちゃくちゃ高く、ますます増えていきそうな感じです!

ということで、今週も本を3冊紹介していきます!


雨の降る日曜は幸福について考えよう



本書は、「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」などの本で有名な橘玲氏が書いたエッセイになります。

この人の本は一言で表現するならば、思い切り落ち込むイントロから、小出しにその蟻地獄からの脱却の方法を指南してくれる内容。 最初の場面では自身の貧乏体験からサラリーマン生活を通して眺めた引退後の人生設計について書いています。


旧来の価値観が解体し、急速に変わりつつある世界の中で、自分と家族の人生にとって最適なポジションを確保すること。複数の選択肢から自分の人生を選ぶ自由を手放さないこと。これがめちゃくちゃ大事であると書かれています。


そして次の章では正しさの問題ということで、国民が正しいと思い込んでいる、否 思い込まされている問題を著者なりの視点で検証し、考え方の転換について問いかけます。


例えば、「国家に国民を保護する義務は無い」というところから始まり、

「私は彼らの行動に対して、ごく常識的な感想しか持っていない。危険だと分かっている地域に自らの意思で出掛けた以上、自己責任は当然だ。」


「国家の保護は権利の放棄と引き換えになっている。自己責任は自由の原理であり、私たちが国家から自らの権利を守る為の大切な武器である。人は自由に生きる方が幸福だ。そう考えるならば、国家に必要以上の『義務』をおわせてはならない。」


と結論づけています。あれから15年以上経ちますが、彼の主張は一貫していてある意味すごいな、と感じる1冊になっています。


60分間・企業ダントツ化プロジェクト: 顧客感情をベースにした戦略構築法



本書は2002年に書かれた本ですが、今でも全く色褪せない内容になっています。マーケティング本の中でも歴史的に残る1冊と言えるのではないでしょうか。

実際に、この本に書いてある戦略構築法は実際に24万円の費用を支払ってクライアントが学んだ内容です。役員研修では、半日で150万円の請求。その内容が1600円で公開されています。

本の大枠として戦略構築法の6つの要素を順に思考して事業戦略を作るということを目的としています。 まず前提として戦略と戦術すら分かっていない経営者が非常に多いということ。

彼によると戦略は4つの要素があるということ。


①戦略とは、順番 自社が強い分野を選択し、その分野に集中してリソースを投入していくのが戦略がある企業。 ②戦略は見えない。戦術は見える 戦術は戦争で言えば弓矢や鉄砲で武器だ。(営業トーク、チラシなど)。それに対して戦略は一貫性を保ちながら計画を実行すること。(何を使って誰に対して戦うか、どのような陣形か、いつ仕掛けていつ離れるか) ③戦略とは予測力 経営計画の数字を達成できないのは経営者の予測力がないからであって、すでに経営者失格であると言われるように予測力が必要。 ④戦略とは圧倒的な強さである。 戦略は業界地図を塗り替えるぐらいの強さがあるといいます

このような戦略をどういう思考プロセスで進めていくとできてくるか?ということがこの本では書かれています。ぜひおすすめです!


リーン・スタートアップを駆使する企業



「リーン・スタートアップ」とは、迅速な試作品作りや「構築、計測、学習」のサイクルを繰り返して、最短かつ最小のコストで新規事業や新サービスを開発する手法です。

またひとたび製品が市場に最適化できれば、さらに改善しながら一気に大勢の顧客に広めていくこともできます。 この手法は、文字通りスタートアップ企業や、ウェブサービス開発向きに見えます。が、実は大企業こそ取り入れるべきなのです。


なぜなら、顧客ニーズを素早く形にできれば、大企業のほうが資金力と人材で市場を席巻できるから。現に、GEやサムスン、デロイトなど様々な分野の巨大企業で、すでにリーン・スタートアップの活用が進んでいます。


この本では「構築、計測、学習」のサイクルや、事業のKPIをベースにした組織形態、買

収や投資手法までを詳細に解説しています。


15社に及ぶ事例・インタビューも充実しており、ビジネスモデルの刷新や新規事業の枯渇に悩む大企業にとっては非常に有益な情報がたくさん載っています。


もちろんスタートアップ企業は今すぐ導入すべき実践的手法でもあります。また、ベスタートアップの買収・投資実態についての言及も多く、大企業で経営や新規事業に携わる方、CFOや投資担当者にとっても読まれると勉強になるのかなと感じます!

今回はビジネス書が多数でとても良い本ばっかりでした。 次回は水曜日に開催します!引き続き宜しくお願いします!


==========================

読書会に興味ある!ぜひとも参加したい!こちらからご応募お待ちしています!

<オンライン読書会ページ>

Copyright © 2020 TMM-Academy All Rights Reserved.

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

shuntat@reading-japan.com | Tel:080-3511-5226|東京都