長いものには巻かれろ!!

超好奇心旺盛な性格ゆえに、「うわ、知ってしまったら後には戻れないな。。。」と思う事実や、世の中の黒い部分を見てしまうことが最近は特に多くなっている。


その時に自分の中で結論が出ていて、それは何かというと「長いものには巻かれろ」ということ。


つまり色々な業界においても大きな影響力があったり、敵に回すとマズいような存在に対して敵視されてしまうと、這い上がってこれなくなるので、そういうものとは協力関係であるべきなのだ。


「成功する鳥は群れをなして飛ぶ」と言われるようにうまくいっているグループの中に入ることができれば、自分自身も勝手に引き上げられていく。

ということを考えた時に環境選びにおいて「長いもの」を選ぶことは大事になってくる。


どうすれば「長いもの」に巻かれることができるか?


その時に多くの人が勘違いをするのが、そういうところに自分を入れてもらうために媚を打ったりすればいいと思ってしまうこと。


正直、下心がバレバレなので、あんまり意味がないし逆効果だ。 それよりも、利害関係なく応援したいなって思ってもらう存在になることが大事だ。


それについて詳しく書いてある本として「流される力」(泉正人著)があるが、まさしく本書に書いてある通り思考信託をして考え方を真似てアドバイスをしっかりと行動に移す癖をつ

けることが効果的だ。


人間は自分がいいと思ったものを受け入れてくれることほど嬉しいことはない。さらに実際

に行動してフィードバックをもらえると、また教えてあげたいなとか、もっと成長してほしいと思う生き物なのである。


そうなったら自然と環境に入れてもらうことができるのだ。


とはいえ人間は年齢を重ねると段々と我を持つように素直に相手のアドバイスを聞いたり受け入れたりすることができなくなる。今までそれで生きてきたプライドがあるからだ。

僕自身も昔に比べると随分と素直さは欠けてきてるなあっていう危機感がある。


その場合に僕がいつも心の中で言い聞かせていることは、今の考え方をしているから満足いかない結果になっているので、もし自分の我を通すことを続けていたら今以上の結果は出ないということ。


だったら考え方を変えてもっと良い結果が出た方がいいわ!っていう風に思うようにしている。


そう。今の考え方で結果が出るならばわざわざ変える必要はないが、そうじゃないんだったら同じ思考を続けることほどバカなことはないよね。


最短で成長、結果が出る方法だけど


ということで、これが最短で結果が出る方法だと思うが、もし「いやいや、人には頼りたく

ない!全部自分でやるんだ!」っていう人だったら、別に誰からもアドバイスを求めずに個人で頑張ってもいいと思う。


ただ僕の周りで、そういう思考でうまくいっている人は10代、20代前半から頭角を表していたし、普通の人とは違うものを持っていた気がする。

逆にそういう人以外で結果が出ている人を見たことがない。


ということを考えた上で最終的には自分の判断なので、是非ともそういうことを知った上で洗濯をしてもらいたいものである。

4回の閲覧

Copyright © 2020 TMM-Academy All Rights Reserved.

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

shuntat@reading-japan.com | Tel:080-3511-5226|東京都