毎月200人以上参加する朝活コミュニティ を運営してみて思ったこと

今年の1月からオンラインの朝活コミュニティを立ち上げて3ヶ月が経った。 参加費が無料ということも大きいのかもしれないけど、自分自身も3ヶ月で180人以上が参加して30%以上もリピートするようになるとは思いもしなかった(直近では50%を超えているけどね)


ちなみに何をやっているか?というと、ゼロ秒思考という本に書いてあるメモ書きを1分間で書くというワークショップとリクルート式のPDCAトレーニングをZOOMで開催している。


<メモ書きイベントについて>




<鬼速PDCAについて>




正直、個人で自宅とかカフェで実践することができるので、そこまで真新しいものでもないし、PDCAとかも僕自身の経験としてのノウハウはあるけれども、この点についても自分自身で自宅でできる事だ。


(ちなみに参加者が東京のみならず全国から180人も集まって、しかもリピートする人が30%まで引き上げる事ができている要因はさすがに公開する事ができない笑笑)

でも参加している人からなぜわざわざ参加するのか?ということを聞いた時の回答を聞いて結構納得をした。


それは「これがないと朝起きれない」

そう。人々は別にメモ書きをやりたいわけでも、PDCAを回したいわけでもなく、1日を優雅に過ごすことをしたいのだ。


ということを考えた時に、僕はこんなにも多くの人が1日をもっと充実したい!と思っているんだということにびっくりしたのだった。


※ちなみにオンライン朝活に興味ある人はこちらから申し込みが可能だよ。 https://www.reading-japan.com/asakatsu

過去の習慣は全て朝にやっている

早起きをしたい!この点について多くの人が思うことだろう。そのきっかけとして朝活に参加して自制をしたいのかもしれないが、それはすごくいいことだと思う。


なぜなら僕自身も過去の習慣は全て朝活ではないけど、朝に自分自身で取り組んだことだからだ。例えばこのnoteも500日くらい続けているけど毎朝更新しているし、ニュースのチェックや筋トレ、ランニング、英語、全てが朝に開催している。


だから僕にとっては自分の意思力がマックスの朝を使って習慣化して、夜でも自然とやるよ

うになるスパイラルがすごくいいと思っている。


それなので個人的には1ヶ月くらいは、メモ書きに興味がなくても朝活に参加して、自分が朝の30分を自己投資に使うということを習慣にする。その結果、おそらくメモ書き自体はやらないと気持ち悪くなるので昼とか夜にやるようになるけど、朝の時間にまた新しい習慣を作るということをすることがいいのではないかと思っている。


つまり朝に何か習慣を作るということをして、それが無意識でできるようになったら朝以外にその習慣はやって、また新しい習慣を作るという繰り返しをすれば、色々なことをできるようになるのではないだろうか?


意思の強さは人それぞれだと思うけど、ただ誰でも限界があるし、それが満タンな状態である早朝はすごく貴重だと思うのでそういう形でうまく活用してもらうのがいいのではないか?ということを感じている。


だから朝活のコミュニティを運営している身としては、途中で参加しなくなるのは寂しいことだけど、ただ1ヶ月くらいで卒業して、朝を起きれるようになったら、別のことをやった方がいいのでは?ということを感じている。


くれぐれも「この朝活に参加しないと起きれない」っていう状態にならないようにしてもらいたいものである笑


どんどん新しいことを展開していく!!


ということで僕自身も色々と新しい施策をバンバンこれからやっていきたいと思っていて、その第一弾がニュース記事をシェアするというものだ。


<ニュースのシェアする会について>


これは世の中にあるメディアの中から30歳未満の社会人が考えた方がいいテーマを一つピックアップして、その点について自分の意見を数分で発表するというものだ。


これはアウトプットのトレーニングとインプットの両方を獲得することができる素晴らしい手段として、最近は毎朝7時から30分程度で開催している。


あまり人数は増やすことができないけど、ただ参加してくれた人からはかなり好評だったので、これも増やしていきたい。


というように僕自身も定期的に新しい施策をバンバン回していきたい!と思っているので、ぜひとも引き続き応援してもらいたいなって感じているのである〜〜!!!

11回の閲覧0件のコメント