コスパについて感じること

最近、すごく嫌な経験をして今でも思い出したくないことがある。それは全然価値に見合わないものに自分がお金を払ってしまったということだ。


僕は過去についてはかなり忘れやすい人間なので、それなりのことだったらすぐに忘れるタイプだけど、、、ただ今回については流石にキツイなあって思ってしまった。


ということを考えた時に自分の性格的にコスパがいいか悪いかっていうことがすごく大事な価値観になっているということがわかったのである。


思ったよりも安かった時の瞬間について


逆に、自分が思っている価値以上に安く手に入れることができたときはすごく満足度が高く

なる。

先日大阪と福岡に仕事で行った際に、ビジネスホテルに泊まった。その時に大阪は1900円で、福岡はどうせならということで2つのホテルを使った。一つは1700円で、もう一つは1500円だ。


大阪の1900円のホテルは思ったよりも綺麗で広かったし、駅までのアクセスが良かった。でも福岡の1700円のホテルはすごくタバコ臭くてシャワールームも激狭だった。僕としては大阪のホテルは安いと思ったけど、福岡のホテルは1700円だったとしても安いとは思え

なかったのだ。


つまり、とてつもなくコスパが悪いと思ったのである。

ちなみに1500円のホテルは同じ会社が経営しているのだけど、びっくりするくらい綺麗で広かった笑この点についても1700円のホテルはなぜ!?みたいに思ってしまった要因にもなったのだ。


あともう一つエピソードを言うと、大阪から福岡まで格安航空を使ったのだが、荷物が超過してしまって結局スカイマークと同じくらいの金額になってしまった。

ま、僕が完全に悪いのだけど、、、

その時に移動代(関空まで)とか諸々考えたら伊丹を使った方がいいじゃん?とか新幹線を使うのと変わらないじゃん!ってずっと考え込んでしまった。

つまり同じような金額だったとしたら、パフォーマンスを高い方を選びたい。そして自分が選択を間違ってしまったことに対してすごく不満を抱えてしまうのである。


結局、値段が重要なのではない


ということを考えると、僕としてはお金を使う時にはパフォーマンスとコストのバランスを常に考えているということがわかった。


コストの高さとか以上に、それをすることによって得られるパフォーマンスが相応かどうかということだ。またその決断が一番良かった!と心から思えるかどうかも大事なのだ(他の方が良かった!ってなるとまた落ち込む笑)。


というようなことをいつも考えてしまうが故にお金を使うのって稼ぐのよりも大変だなって思うのである。

すごく慎重になるし、その積み重ねが人生を形作るから。

まあこういう性格なので一生結婚はできないと思いますが笑笑

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

日本人の良くないと思うところ

最近、藤田田さんが書いた「ユダヤの商法」という30年以上前の本の復刻版を読んで感じたことがある。それはユダヤ人と日本人の契約についての価値観について。 その本によると、ユダヤ人は旧約聖書を読めば分かる通り「神」との契約は絶対のものとしてみなされているので、契約に違反することはとてつもなく信頼を損なう行為らしい。 それに対して日本人はそういうことについてうやむやにする傾向があるとのことだった。 僕は

Copyright © 2020 TMM-Academy All Rights Reserved.

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

shuntat@reading-japan.com | Tel:080-3511-5226|東京都