騙されたと思ってやってほしいこと

人間だったら誰しも「今日はやる気が出ないな〜〜」と思うことってあるだろう。頻度の違いこそあれ。

僕自身も普通の人よりも多くはないと思うけど、そういう瞬間がある。なぜか全くやる気が起きないということが。。

でも僕自身が自分で誇れることとして、その前兆に気づくことができるし、そうなったときにどうすればいいか?ということを対処するためのノウハウを持っていることだと思う。

だから生理現象のごとく起こるバイオリズムの変化に対して「あ〜メンタルが下がってきているから、いっちょ上げるか〜」ということができる。ではそれをどうやっているか?

ということについて今回は話をしていきたい。個人的には超効果的な施策なのでぜひとも実践してもらいたいし、騙されたと思って21日間やってみてほしい。

紙にとにかく書き出す!ただ、それだけ

やるべきことはただ一つ。それは紙に書くということ。 何を?と思うかもしれないが、自分がポジティブになることや今週の予定を殴り書きでもいいので、紙に書き出すということをする。これは以前にも紹介したゼロ秒思考でも実践することが可能だ。

それをしていくと3分くらい経った時にはすごく集中力が研ぎ澄まされて、ゾーンに入ることができる。そうなった時に自然と自分のやる気ないムードから、やる気マックスになる。 実際にこれは僕だけではなく朝活に参加してもらった人たち全員にやってもらったのだが例外なく同じような反応となった。つまり再現性がある施策なのだ。

しかもかかるコストと時間はほぼゼロっていう、、、最高な解消法なのだ。

人は感情から行動を起こすだけではない

本当にこんな簡単なことでメンタルを改善させることができるんか!?と思うかもしれないが、できるんやって。

なぜかというと人というのは感情を起点に行動を起こすということもするかもしれないが、行動することによって感情を作り出すということもできるのだ。

だからまずは行動を起こして、その結果として感情を上げるということができるのだ。実際にメモ書きだけではなく、ランニングや筋トレなども効果的だ。

ただ筋トレとかランニングはやるまでのハードルが高いため、軽症でそんなに落ちていない時は行動する元気はあるかもしれないけど、そんな元気さえないときはメモ書きレベルの行動はすごく楽だ。

紙にポジティブなことを書くと人は脳の中の潜在意識でポジティブなことを考えてセロトニンを出す(というのが僕の持論)。 だからぜひともやってみてほしい。 実際に僕はこうやって自分のメンタルをコントロールしているからね!!

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

日本人の良くないと思うところ

最近、藤田田さんが書いた「ユダヤの商法」という30年以上前の本の復刻版を読んで感じたことがある。それはユダヤ人と日本人の契約についての価値観について。 その本によると、ユダヤ人は旧約聖書を読めば分かる通り「神」との契約は絶対のものとしてみなされているので、契約に違反することはとてつもなく信頼を損なう行為らしい。 それに対して日本人はそういうことについてうやむやにする傾向があるとのことだった。 僕は

Copyright © 2020 TMM-Academy All Rights Reserved.

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

shuntat@reading-japan.com | Tel:080-3511-5226|東京都