コツコツと努力をすることが大事と言われる論理的な理由について解説します

言わずもがなかもしれないが、コツコツ努力をすることは結果を出す上でとても大事と言われている。

ただ、その理由は?と聞かれた時に、あなたはなんと答えるのだろうか?

これを明快に言える人は意外と少ないかもしれないなってうことをふと思った。じゃあ自分はどうか?と考えた時に、この点について、文章にして言語化するべきだなということを感じたので、それを簡単に紹介したいと思う。


結果が出た時にしか、チャンスを掴んだことに気づけない

結論から言うと、撒いた種に意味があったかどうかは咲いた時にしかわからないから、というのが自分の意見だ。


おそらく僕自身も、今まで大きなチャンスやすごい幸運が訪れたことが何度もあるに違いない。でも、それを認識できているのは実際に自分が掴んだものだけだ。


つまり逃してしまったチャンスや幸運は、何がそうだったのか?ということはわからない。

例えば、ある時に転職のオファーがあって、それを受け入れたことで自分のキャリアが大きく変わったとする。


10年後に振り返った時に、「あの時に転職のオファーを受け入れていなかったら、今頃はずっと同じ会社で不平を言い続けただろうな」っていうことを思ったとする。


でも、それは転職したからわかることであって、その時に会社に残る!という決断をしていたら、その転職がめちゃくちゃ人生を変える転機になっていたなどということは夢にも思わないだろう。


実際に僕自身も、今振り返って人生が大きく変わったという経験でいえば、学生時代からお世話になっていた人が社会人1年目になった時にメールで連絡をくれたことがきっかけになった。


もし、その時のメールをスルーしていたら今頃こうしてブログを書いていることはないし、独立とかも絶対にしていなかっただろう。


人として最低限のマナーや礼儀を身につける

またチャンスというのは人からしか来ないので、チャンスを逃す人というのは、ルーズなケースがすごく多い気がする。


例えば時間や約束を守らなかったり、返信が遅かったり。

なぜそれを言い切れるか?というと、僕自身、返信が遅い人や時間にルーズな人は連絡しないから。また優秀な経営者で連絡が遅い人と会ったことは一度たりともない。


つまり結局、そういう人と付き合いたくない!っていう行為をしていると、結果として声が掛からずに終わってしまうことになる。


だからこそ誠実であることは大事だし、人として信頼されるような言動をしているか?というのは、そういうところに目を向けない人が多い20代の人にはぜひとも意識してもらいことだ。

イベント参加はこちらから。

https://peatix.com/group/7228383


閲覧数:1回0件のコメント