環境設定が大事な理由について

人によって重要性の認識がすごく異なることがある。それは環境の重要性について。自分の身の回りの環境がどれくらい自分に対して影響を及ぼすか?ということを知っている人は多いかもしれないけど、その重要性について深く理解している人はどれくらいいるだろうか?

僕もすごくわかっている!と聞かれれば、自分自身ではわかってるつもり、、、くらいにしか答えることはできないけど、ただ環境というものが及ぼす影響については理解しているつもりだ。


そして努力以上に結果に関わってくるものが環境であるし、自分が何をするべきか?ということよりもどんな人間になるか?ということの方が目指していくものを実現していく過程で大事な中でそこに強く影響を及ぼすのが環境に他ならないのである。


環境を変えることで自分の優先順位が変わる


その一番の理由としては、やはり価値観の形成に一番強く影響を受けるからだ。やはり田舎で両親ともに教師とか銀行員の家庭に育った結果として、大体においてその子供たちは一般的な安定という道を選ぶ傾向があるし、逆に留学経験がある人はかなり転職回数が多いように思う。


それは育った中での常識や価値観が違うからだ。 つまり自分にとって正解というものを決めるものは自分が育ってきた環境が強く影響をするのだ。


僕の場合は親は普通の会社員の家庭に育っていく中で友人などが比較的大きな企業に入りたい!という人が多かったこともあって、大手企業に入ることが自分の中での優先順位が高めになっていた。


でも社会人になって、違うバックグランドや様々な業界の人と関わる機会が増えていく中でずっと同じ会社に勤めるということがすごくあり得ない話であるということや、転職することは珍しいということではないということに気がついた。


今では周りは独立している人が多いため、自分で自分の給料や時間を決める!という人が多く、それが自分にとっての常識になりつつある。

つまり環境が変わると自分の捉え方が変わって、結果として選ぶ選択が変わってくるのである。


時間を共に過ごしている人はどんな人か?


だからあなたが普段一緒に時間を共に過ごしている人が自分よりも影響力が強い人で、その

人の趣味や趣向が反映されることが往々にしてあるということを考えた時に、どういう人と付き合えばいいか?というと、自分がなりたい方向性にある人だ。


なぜなら人は人によって影響を受けるから。

誰と一緒に過ごすことが多いか?ということを考えると、自分が将来的にどうなるか?ということは想像に難くない。


それなので、自分自身がどうなるか?と言えば今の付き合っている人たちの延長にある人だし、どうなりたいか?と考えて環境設定をすることが必要。

それくらい努力以上に影響を及ぼすのが環境なのだ。

7回の閲覧0件のコメント