全ての判断軸、それは自分の人生を好きといえるか?

幸せの定義はそれぞれなので一概には言えないと思うけど、ただ万人に共通して言える問いとして、「自分の人生を好き」って一点の曇りがなく言い切れるか?というのは結構大事な視点だと思っている。


今、順調な人もいれば苦戦してなかなか楽しい!と思えない人もいるかもしれない。

でも、10年、20年経った時に、「あの時は大変だったけど、でもそれを経験して乗り越えた自分を褒めてあげたい」と言える状態になったら、かなり幸せな人生だったのではないか?と思う。


結局、人生で後悔していることの抽象度を上げるとチャレンジしなかったこと


僕が周りを見渡してみて、人生を後悔している人の圧倒的な共通項の抽象度を上げると「なぜもっとチャレンジしなかったのだろう?」ということだと思っている。


結局、自己嫌悪感に陥る要因は結果が出ないことでも、失敗することでもなく、失敗を恐れてチャレンジできない自分に対してではないか?と思っている。


僕自身も人生で後悔してることは?ということを考えた時に、やっぱりチャレンジをしなかった経験はめちゃくちゃ後悔している。


一応、後悔のないようにっていうことを10代の時から考えて選択し続けてきたつもりではあるけれど、それでもチャレンジしなかったことは確実に頭の中でずっと残り続けているのだ。


逆にチャレンジしていることについては?


とはいえ、僕自身は独立してからは特に、ではあるが後悔することはなくなってきている

し、自分の1日を振り返った時に「本当にすばらしい1日だったな」って思うことが多くなった。

それはうまくいっているからとかあんまり関係なく、自分が失敗を恐れて何もできないっていうマインドが切り替わったからだと思う。 (もちろん、うまくいっている時の方が楽しいと思うことが多いがね笑)

正直、失敗だったりすることを受け入れられるような状態になったら、生き方がめちゃくちゃ楽になるし、自分に素直でいられることで発するエネルギー量が桁違いになる。

とはいえいきなりそういう状態になれるか?というと、そんなのは無理で、僕もいうて5年くらいの時間はかけている。


でも、人生残り70年あると考えたら、全然身に着けるべきマインドセットだと思うし、ぜひともこの価値について多くの人に知ってもらいたい。そんな風に思いながらスタバのコーヒーを美味しく飲みながらこの記事を書いてる!笑


イベント参加はこちらから。 https://peatix.com/group/7228383


閲覧数:2回0件のコメント