「コスパ」について、多くの人が勘違いしていること

最近、勝間和代さんのYoutubeを見る機会が多くなってるのだが、彼女の動画では度々「コスパ」という言葉が出てくる。


よくコスパと聞くと「ケチケチすること」とか我慢をして節約に励むようなイメージを持つかもしれない。


しかし、コスパとは「質の良いものを安い価格で買う」ことであって、必ずしも貧乏たらしく生きることではないのだ。


つまり自分が払う値段と価値を天秤にかけたときに、より値段に対して価値が高いものに対価を払うという考え方なのだ。ということを考えたときにコスパを重視する生き方というのは、お金というリソースを効率よく分配するために凄く大事な考え方ということがわかる。


大学卒業前までに数百万円の貯金ができた理由


今までの人生を振り返ったときに、自分自身も確かにコスパを考えて生きてきた気がする。あまり節約とかという意識はなかったけど、ただ僕自身の性格的に、感じた価値以上の対価を払うことが値段に関わらず、凄く嫌だったのだ。


そのおかげか大学を卒業するまでには気づいたら周りの人よりも貯金ができていた。

ではどんなことをやっていたかというと、思い出す限りはこんな感じだ。

・コンビニに行かない→実家から飲み物や食べ物を調達 or バイトの賄い ・旅行はシーズンオフ&格安航空で最安値を狙って予約する ・本は中古で買う。買うかどうかは図書館で借りてから判断する ・友達と会うときはランチかカフェでお茶する(酒飲めなかったし) ・ファストフードなどで、トッピングやサイドメニューは頼まない ・ジムは行かないで、家でダンベルを買って筋トレする

他にも諸々あったと思うけど、ただ、自分にとっては生活の質は変えず支出を抑えることを無意識にやっていた。なぜそういうことができるようになったのかは分からないけど笑

ただ、そのおかげで社会人になってからも変なことにお金を使わないような習慣をつけることができた気がする。


お金を使うなら存分に楽しめ!

念のため言うと、僕はお金を使わないことを美徳としているわけではなく(自分の身体の投資には毎年7桁以上は使っているし、必要な交際費は全然出している)、同種のサービスをより安く買うことで、限りあるお金を最適な使い道にするために全力を尽くしている。

それをすることで自分の人生を豊かにすることができると思っているし、貧乏たらしく生きたくなかったらコスパを重視するが大事だと確信しているからだ。

だから今まで一度もケチとか節約家と言われたことがないのだと思う。

もし皆さんが思ったよりも貯金が増えないとか、無駄な消費をしているのではないか?と感じているのであれば、ぜひこの点を意識して日々過ごすと毎日の生活の質が上がるし、ビジネスのヒントにも気づくことができると思うので、おすすめだ。


勉強会はこちら

https://peatix.com/group/7228383


1回の閲覧0件のコメント