誠実であることと正直であること

嫌いなタイプは?という質問に対して「嘘をつく人」と答える人って結構多いと思う。当たり前かもしれないけど、嘘をつかれても全然オッケ〜!っていう人はいない(個人的には約束の時間に遅れるという行為は約束を破る=嘘をつくっていうことになるのだけど笑)


ただ、その中の嘘をつくという言葉に関して、一つ注意しないといけないのは誠実であるかどうか?ということ。僕としては嘘をつく以上に不誠実な行為をする方が問題だと思っているし、そっちを優先するが故に嘘をつくようなことがあったとしても仕方がないのかなっていうことを感じるのである。


正直に全部話をしたらどうなる?



例えば、あなたの友人が最近、イメチェンをしたのを見てとてつもなく似合わないな〜って思ったとする。その時に「ブスだね」って果たしていうだろうか?

間違いなく相手を傷つけることになるだろう。


あるいは飲み会に誘われて、行きたくないな〜って思ったときに「面倒くさいから行かないわ」っていうことを伝えたら相手としては2度と誘うことはないだろう。


つまり相手を不快にさせないことをするが故に、全て正直に話をしないということって結構大事なのではないだろうか?


これを僕は誠実さという表現をしているけど、これって結構大事なことなのではないかって思う。


つまり正直だけど誠実ではないということって結構あると思う。その相反する場合においては、僕としては誠実さの方が大事だと思っている。


なぜなら正直さは、自分のスタンスとしてはいいかもしれないけど、相手のことを想っている姿勢ではないから。

もちろん不誠実で正直でない行為は論外だけどね。


詭弁かもしれないけど、、、


とはいえ嘘を軽々しくつくことはかなり自分の心理的な衛生上よくないので、詭弁にはなるけど、別の観点から見れば嘘ではないと解釈として嘘をついていないように話をすることがある。


つまり相手が勝手にそう思っただけで、嘘はついてないよ!ってことを言うことはある笑(苦し紛れか!?)



例えば飲み会を断る時に「どうしても今日中にやらないといけない用事ができてしまって、、」=これは筋トレのことなんだけどね笑

みたいな感じだ。


まあ、それをやるかどうかとして、僕がこの記事で伝えたかったのは、最近正直であることの価値をすごく強く説かれすぎていて、ちょっと一歩引いた目で見ることって大事じゃない??って言うことを伝えたかったのである。

6回の閲覧0件のコメント