6/6オンライン読書会で紹介された本

今週もやりました!オンライン読書会。毎回、紹介される本が変わる中で今週もいい本をたくさん紹介してもらいました!!


ということでテキストにはなりますが、紹介された本を共有していきます!!


言語化力 言葉にできれば人生は変わる




元博報堂のクリエイティブディレクターの方が、言葉として出すことの大事さを語っている本になります。タイトル通り、言語化することの大事さですよね。


2016年に「保育園に落ちた日本死ね」というツイートがTwitter上でバズったように、これからは権威がある人が発言することだけでなく、一般の人が伝えた人が世に広がる時代になっています。


そして言葉を使いこなすことが今後ますます大事になってきます。とはいえ、言葉にすることが苦手な人もいることは事実。ではそういう人にはどういうアドバイスをするか?

本書ではその点について四つをクリアにすることが大事と語っています。


一つ目は自分としてのスタンスを持つこと。つまりOOというものについては自分はこう思う!というポジションを取ることですね。例えばニュースピックスなどのニュースについてのコメントなどいい例かもしれません。


二つ目は本質を掴む抽象化思考をすること。例え話や、つまりOOだ。ということが言えるように訓練することが大事です。


そして三つ目は、感情を見つめること。つまり自分はなぜそう思うのか?ということを内省して発見していくことです。


最後の四つ目が言葉を整えることです。例えば「仕事がうまくいかない」ということを考えた時に、「うまくいかない=商談がうまくいかない」→「商談がうまくいかない=先方とのコミュニケーションがうまくいかない」→「先方の上長や周りの人とうまくいかない」というように、階層に分けて言語化することが大事になります。

このように自分の発する言葉をよく吟味することで言語化力が磨かれていきます。ぜひ訓練して身につけていきましょう!


僕らはそれに抵抗できない



依存症というと、薬物やアルコール、またはギャンブルなどが連想されるかと思いますが、近年、行動嗜癖指というものが新しく指摘されるようになりました。

行動嗜癖とは、なんらかの悪癖を常習的に行うことです。たとえば「毎日筋トレせずにはいられない」、「ドラマを一気に何話も見てしまう」、「インスタグラムでしきりに投稿してしまう」……

これらはすべて行動嗜癖の一種で、その多くにはテクノロジー系のサービスの中に含まれています。

例えばスマホやネットフリックスなど身の回りにあるものは依存症になってしまうものだらけ。スマホに関しては私たちは平均1日3時間、39回見ています。月に換算すると約100時間という数字になります。

なぜスマホにそこまで依存症になってしまうかというと、他者からのフィードバック(いいねなど)を得たり、共感されることが人間にと快適だからだ。 それなので近くにスマホが置いてあるだけで気になって仕方がなくなってしまうのである。 それに対して、僕たちができることとしてはまず依存状態に気づき、なぜそうなるのかを知ることが、克服への大きな一歩になります。 そうすることで、依存状態にならないための対策を立てることができるからです。


例えばスマホに関していうと、一番依存する理由は目線に入ってしまうから。それなので、

何かするときはそもそも視界に入らないようにしたり、強制的に使えないような環境に身を置くことが大事になっていきます。


意思だけではどうにもならないんです。 環境を変えることがとても大事です。


現代の依存を促すテクノロジーは諸刃の剣なので、うまく利用して人生を豊かにすることがとても大事になります。ぜひ利用されるのではなく、自分が活用する側になっていくように意識するといいと思います!

アイデアの作り方



ジェームス・W・ヤング著の「アイデアのつくり方」は、初版本は1940年に発行された本です。

約80年近くの歴史の淘汰に打ち勝った古典的名著に記載されている「アイデア製造方法」があるのです。彼によれば、アイデアの作成は

①フォード車の製造と同じように一定の明確な過程である。 ②アイデアの製造過程も一つの流れ作業である。 ③私たちの心理は、習得したり制御したりできる操作技術によってはたらくものである。 ④道具を効果的に使う場合と同じように、この技術を修練することがこれを有効に使いこなす秘訣であるということ。 とのことみたいです。

つまり、アイデアとは、天才のひらめきではなく、誰でも習得可能ということ。なぜなら、アイデアは「無から有」を生み出すのではなく、「組み合わせ」にすぎないから。

そして彼はアイデアを作る技術は、「5つの段階」が必要でそれを経ることで、習得することができると言います。

第一段階:資料集め。 第二段階:関係性・組み立て 第三段階:孵化(ふか) 第四段階:アイデアの誕生! 第五段階:アイデアの具体化・現実化

これらは実践して初めて身につくものになります!ぜひ、一度読んだ後に試してみるといいと思います。

ということで毎回アウトプットの機会を作ることは大事ですね、 ぜひ次回もたくさんの方から参加頂ければ嬉しいな!って思います。

またよろしくお願いします!!

Copyright © 2020 TMM-Academy All Rights Reserved.

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

shuntat@reading-japan.com | Tel:080-3511-5226|東京都