top of page

ビジネス・エリートが筋トレをする理由

筋トレをする人が全てビジネスエリートであるとは言わない。ただ、客観的に見てビジネスで成功していく人や仕事ができる人は筋トレのような健康を維持するための努力をしている割合が非常に高い。


それが、なぜ仕事における成功と関係しているのか? 今回はこの点について解説をしたいと思う。


長期思考な人ほど、健康に気を遣う


ビジネスにおいて成功していくための条件の一つとして、目の前の利益よりも長期的な利益を得られる方を選択する思考がある。

それが長期であればあるほど得られる利益は大きくなる。 例えばAmazonがあれだけ世界での影響力を持っているのは、目の前の業績に捉われずに常に、先行投資をして長期的に圧倒的なシェアを獲得する選択をしてきたからだ。


一般的に先行投資というのは最初マイナスになるが、未来からの観点で考えたときに何もしないよりは今マイナスを経験した方がプラスが大きくなる可能性がある、という見立てで行うものである。


ということを考えたときに、その人自身が長期的な思考をしているかどうかの判断は健康への意識ですぐに分かる。 なぜなら健康への意識は先行投資だから。

今、病気だったり身体に問題を抱えている人は、そりゃすぐに対処する。 でも若いうちから健康に気を遣うのは先行投資以外のなにものでもない。


だって今運動したり、栄養に気をつけなかったとしても、明日には病気になるなんてことはない。ただ、それが10年スパンで見た時に大きな違いになっているからだ。


つまり健康に投資をしている人は長期的な視野で物事を捉えている人が多い、ということになる。そんなことを考えていない人もたくさんいるので例外もたくさんあるが、、、


ただ、逆に健康への意識が低い人で長期的な視野を持っている人の割合は極めて0%に近い、というのが僕の今まで会ってきた人の中で言える。


どうやってお金を稼いでいるのか?を考えよ

僕としては、正直、身体を大事にしない理由が全くわからない。 なぜなら不労所得で生活をしているのでない限り、労働収入でしかお金を稼ぐことはできない。その中で、労働とは自分の身体を使うことを意味しているからだ。


つまり労働収入は健康があってこそ、初めて成り立つもの。 にも関わらず、そのメンテナンスに怠ることは、金の卵を売って生活している人が、卵を産むガチョウに餌をやらないのと一緒のことではないだろうか。


そもそも、働かないという選択をしている人でさえ自分の身体と一生付き合っていくものである。それを大切にできない人が、家族や周りの友達を大切にできる訳がない。


せめて収入の10%くらいは、健康への投資を惜しむべきではないし、知識としても最低限のことは習得ことが大事だと思っている。


20代ではあまり、その重要性を認識することはないけど、30代になったら外見レベルで差がつくし、その時、後悔しても遅い。


ぜひ、この点を意識して日々過ごすようにしていけるといいだろう。









閲覧数:8回0件のコメント

Comments


bottom of page