個人で仕事をする人に一番求められる能力は??

最終更新: 4月15日

フリーランスになって、約半年経つが時間の融通がきくようになったので、色々と考える時間が増えた。


また元々繋がっていた人から連絡があって、フリーランスや起業に興味がああるという相談を受けて話をする機会もできた。

(連絡来た人たちが時間遅れたり返信遅いなど、不誠実な態度を取る人が多いので、今は自分も話したい人だけの対応にしているけど笑)


話をしていると、多くの人が今持っているスキルを使って何かしたい、けど個人で仕事をするまでの能力がないので、まずはスキルアップをしないと、と言うが、正直本質がズレているなって思ったりする。


なぜなら、個人で仕事をする時に求められるものってスキルが一番ではないから。


売り込まなくても営業をすること


では何が一番なのか?ということを考えた時に、個人的にはやはり営業力だなって改めて感じる。


そしてこれは営業に従事していない人でもそう。 仕事を自分から取りに行かなくてはいけない立場じゃなくてもそう。 個人で仕事をする時に、相手に対して色々と依頼することも出てくる。 相談をすることもある。そうした時に自分から連絡をとって、アドバイスを求めたりするだろう。


そして会う約束をして、、、とつまり相手を動かすという行為が必ず発生するのだ。

つまり、売り込まない営業を個人で仕事をする人は絶対に経験をすることになる。


またよくよく自分の業務を振り返ってみると、営業の従事者ではないけど上司や部下などの指導、あるいは教育だったら生徒を教えたり、何かしら相手に対して影響力を発揮している人は会社員でも多いと思う。


それなので、個人で働くからこそ求められるものではないということがわかる。とはいえ、個人で働く人は絶対に必要なのだが、、、


ハイタッチはあるか?


では相手を動かす時には何が大事か?ということを考えると、色々な要素があるけれど、集約すると「ハイタッチ」だ。


ハイタッチとは、一言で言うと相手の機微を感じ取ることができる能力。

表情や声の調子を見て、違和感を感じることができるか?

相手の立場に立って、どういうことをすると良い影響を与えることができるか?

ということがあるかどうか?ってすごく大事だ。


たまに営業をしている人から、お客さんにOOと言われたんですけど、、、っていう相談を

受けた時に、僕が解釈しているお客さんの思いと、その営業が解釈しているお客さんの思いにギャップがあることは往々にしてある。


僕がハズレることもたくさんあるけれど、「なんでそんな解釈するんだ?」って思うようなことがめちゃくちゃある。特に営業経験が1年未満の人。


これは経験すれば多少なりとも改善することはできるが、どうせなら早く身に付けたい。

(この解決策についてはロープレが有効だが、その点については別途述べたい)


それなので、営業に従事していない人でも常にハイタッチを意識して、仕事をするといいと思うし、営業に対するイメージや苦手意識を捨てたほうがいい。

今の時代は売り込まない営業ができる人が活躍する時代。

もしフリーランスや起業を考えるならば、この点については常に意識しておきたいよね。

0回の閲覧

Copyright © 2020 TMM-Academy All Rights Reserved.

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

shuntat@reading-japan.com | Tel:080-3511-5226|東京都