考え方や行動を変えることよりも劇的に人生を変化させる方法

もしあなたが人生を変えることをしたいのであれば、考え方や行動を変えることが大事だ。でも、劇的な変化を望むのであればパラダイムを変える必要がある。


このパラダイムを変えることをパラダイムシフトといったりするが、これをすることによって劇的な変化が訪れる可能性がある。


ちなみにパラダイムとは日本語で簡単に略すると「ものの見方」というもので、例えば日本では現金というと一番信用できるものという風に捉えるのに対して、中国では一番信用できないもの(偽札が多いから)というパラダイムを持っている。


このようにパラダイムは自分の過去の経験や環境、周りの人間によって形成されるもので、それぞれが持っている価値観に近い特徴がある。


そして、そのパラダイムを変えることこそが人生そのものを変えることに繋がるくらいインパクトがあるのだ。


パラダイム転換が起こったときに、、、


僕の経験ではパラダイムシフトで一番大きかったことは、大きな会社でずっと働くということが一番の幸せというパラダイムから、会社の看板で仕事をすることが自分の人生にとってはつまらないものだというパラダイムに変わったときだった。


会社に入社した当時は、本当に出世して上に登り詰めることにやりがいとか生きがいを感じると思って目指していた。もちろん資格もとった方が有利になると思ったしそれをすることが素晴らしいことだと心底感じていた。


でもパラダイムシフトが起こったことで、それ以上に自分で稼ぐ力を身につける方が何倍もの安定だということが分かったのだ。


その結果として何をしたかというと、実際に転職もしたし副業から始めて今では一本化する

ようにまでなった。


またその過程でリスクに対してのパラダイムも変わってきて、例えば無一文になったらどうするか?ということを考えたときに、以前はそんなの想像しただけでも恐ろしいって思っていたけど、今では全然大したことないし0になるだけマシだというパラダイムになった。


このように、ある物事に対して全然違った捉え方をすると、確信レベルで行動が変わるので単純に行動や考え方を変える以上に効果的に作用する。


だから僕としては、あなたが得たい未来を実現している人が見えているパラダイムと同じものが見えるようになることの価値をすごく伝えたい。


パラダイムをシフトするにはどうしたらいいのか?


じゃあどうしたらパラダイムシフトができるのだろうか? それをするにはまず当たり前だが、自分とは違うパラダイムを持っている人を認識することから始まる。


というのも、多くの人は自分が見ている世界が他の人も同じように見えているはずだということを思ってしまう傾向がある。だから、人によってそれぞれ見方が違うんだ〜ということを認識する経験をする必要がある。


そして次に、自分がパラダイムを変えたらどうなるか?ということを考えて、小さいことでもいいのでシフトする経験をしてみることだ。最初は本当に些細なことでも大丈夫だ。

でも自分が変化をする経験をすることで、人間は変わられるという意識になる。結果としてパラダイムシフトができるようになっていく。


というように、自分が見ている世界を変えていくことはすぐにできることでもないし容易ではないが、ただそれをすることによって新しい世界を開くことができるので、ぜひともこれを参考にしてもらえれば幸いだ!

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

日本人の良くないと思うところ

最近、藤田田さんが書いた「ユダヤの商法」という30年以上前の本の復刻版を読んで感じたことがある。それはユダヤ人と日本人の契約についての価値観について。 その本によると、ユダヤ人は旧約聖書を読めば分かる通り「神」との契約は絶対のものとしてみなされているので、契約に違反することはとてつもなく信頼を損なう行為らしい。 それに対して日本人はそういうことについてうやむやにする傾向があるとのことだった。 僕は

Copyright © 2020 TMM-Academy All Rights Reserved.

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

shuntat@reading-japan.com | Tel:080-3511-5226|東京都